ドライバーが当たらない

ドライバーが当たらない、ドライバーが打てないと言う方があります。

ドライバーはゴルフクラブの中で1番長いクラブです。

特に最近はドライバーの長尺化が進んでおります。

シャフトが軽くなることによって、

ドライバーを長くすることが可能になってきました。

しかしこれはスイングを悪くします。

できるだけやはり短いドライバーが良いかとは考えます。

もともとドライバーだけティーアップして打つクラブです。

フェアウエーウッド、アイアンなどもティーアップはしますが、

芝の上からも打ちます。

ドライバーだけは芝の上から打つことがほとんどないクラブです。

それほど難しいクラブと言うこともできます。 

ただ逆に言うと、

ティーアップでしか打たないので、

空間にあるボールを打つので、

ダフり、トップの確率は基本的に、フェアウエーウッドアイアンよりは減るはずなんですが。

それでも、ドライバーの芯に当たりにくい人はたくさんいます。

ドライバーは長いので、

基本的にヒール当たってる人が多いですが、

クラブが長いので逆に腕を縮めてしまって先っぽにしか当たらない人もあります。

ドライバーは長い分クラブが戻ってくるのが遅いです。だからインパクトで体が開きやすい、右肩が突っ込みやすい。

できるだけクラブが戻ってくるのを待っててやらなければなりません。

でもどうしてもドライバーはやはり飛ばしたいクラブなので早く振りたがります。

力を入れてたがります。飛距離も欲しいですが、

まずはクラブが戻ってくるのを待っててやると言う感覚で振ってみてください。

アプローチをよく練習して正しい基本を覚える、

もしくは正しい基本を8番、7番アイアン位で覚えて

ドライバーを打つと当たるようになったりします。

試してください。(^^)‼︎

関連記事

  1. ユーティリティの基本

  2. アプローチの基本

  3. ボールに当たらない

  4. スイングの基本

  5. アイアンがまっすぐ飛ばない方へ

  6. ドライバーが飛ばない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。