フックについて

フックボールとは、
左に曲がるボールのことですね。

ドローボールも左に曲がるボールの事ですが、

フックボールの方が曲が大きいのです。

ドローボール、フックボールがゴルフの基本に覚えるにはすごく役立ちます。

フックボールが基本となります。

しかし曲がきついと狙ったところに飛ばない、
スコアが悪くなったりします。

正しいドローボール、フックボールを覚えることが大切です。

フックボールの曲を抑えるときのやり方が問題となってきます。

フックボールはもっと曲がるとよくゴルフ用語でチーピンと言われますが、
これをなおすのに、
左腰を開くとか
左肩を開くとか、
左肘を外す、引くと言うやり方があります。

そうやってフックボールをなおしてはいけないのです。

そうやってブックボールをなおすと間早くなおますが、
後でスランプになる。

飛ばなくなる。

フックボールはバックスイングの軌道、
およびダウンスイングの腰でのクラブの位置、および
体がインパクトで開かないことによって調査なければなりません。

フックボールの直し方が正しくないと、
ゴルフがわからなくなってしまいます。

正しくなおしてくださいね。

わからなかったらレッスンにお越し下さいませ。^_^

関連記事

  1. 飛距離アップ

  2. なぜスライスが出るのか?

  3. 高い球 ハイドロー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。