スイングの基本

スイングの基本と言うのはたくさんあります。スイングの基本というか動きの基本でしょうか。

たくさんあるうちのまず1つを書くとすると

動きの基本としては、
下半身から動く、

それと体の中心から動いて体の中心から遠い部分が最後に動くと言うことでしょうか。うまい人は下半身、足でクラブを振ります。

その次に上手い人は腰
その次に上手い人は肩と

だんだん上半身で振るようになってきます。

できるだけ下半身で振ることが大事です。

そしてクラブヘッドが最後に動き出します。

体の中心から遠い部分が最後に動く感覚ですね。

これが基本の動きとなります。

こうやって動くことによって飛距離の出る、
まっすぐ飛ぶ、
体を傷めないスイングは作ることができます。

例えば電車を後ろから押すとジョイントが壊れてしまいます。

電車はやはり前からひっぱるからジョイントが壊れずにすむのです

人の体も一緒でリードがかかって動くから関節を痛めずに済みます

体の動く順番を間違えてしまうと体も痛めてしまい、
ボールもまっすぐ飛びません。

エネルギーをロスしない、
効率の良いスイングを作っていってください。

関連記事

  1. ドライバーが飛ばない

  2. アプローチの基本

  3. ボールに当たらない

  4. アイアンがまっすぐ飛ばない方へ

  5. パターが苦手な方へ

  6. ユーティリティの基本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。