ドローについて

ゴルフは右打ちの方で、

クラブが時計と反対回り、右から左に動いていきます。

クラブヘッドも時計と反対回りにターン行きます。

だからこの動きの通りに打つと、

ドローボールが出るはずです。

だからゴルフの基本はまずは、ドローボールだと考えます。

ドローボールが打てる人は、

ストレートも、フェードも打てます。

しかしフェードを打っている人は、

ストレートを打てても、

ドローボールはなかなか打てない方が多いです。

ドローボールを打って、

ドローボールを練習して得られることがたくさんあります。

まずインパクトで体が開かないこと。

これはフェードボールではなかなか習得がしにくいのです。

やはりフェードは左に打つので体を開き気味になります。

それに対してドローボールは右によって左にボールを曲げていかないといけないので体を開かないと言う事は習得しやすいです。

それにやはりドローを打とうとすると左腕を、右腕が追い越さなければならないので右手を長く使うようになります。

右腕のリリースが覚えやすいのです。

野球でも、レフトに引っ張る形はスランプがあるが、

ライトに流し打ちをする方はスランプがないと言われるそうです。

ジャンボ尾崎選手も、

クローズスタンスでフェードを打っていてスランプになったのは、

オープンスタンスでドローを打つことによってスランプを解消しました。

私も元来スライサーでしたが、

後藤先生のところにならって30年ドローを打ち続けて、

今では完全なドローボールヒッターです。

これは私のゴルフ人生で、

非常に良かったことだと思っています。

皆さんもぜひドローボールを練習してみてください。

関連記事

  1. 距離感を覚える

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。