雨の日のゴルフ

全国的に梅雨入りしているんじゃないでしょうか。

雨が多くなりそうですね。

雨の日のゴルフと言うのは、
やはり鬱陶しいものです。

でも雨の日にゴルフをやらなければならない場合もあります。

雨の日のゴルフと言うのは、
やはり雨が降っているので、
スイングが速くなりがちです。

手際よく打たないたと、
雨でグリップ等が濡れたりします。

でも早く打たなければならないので、
手際よくやることがやはり必要となってきますね。
でもスイングリズムが速くなってミスショットにつながると言う事はNGです。
ですから、いつも以上にルーティーンをはっきり決めておかなければなりません。

傘をさしている時点で、
風の読み、
クラブの選択、
どのような球筋で、
どこに攻めたらいいのかはっきり決めておいて、
傘を下ろした時点でスイングに入る時点でもう何も考えなくていい
ただ打てばいいと言う状態を作らなければなりません。

それは晴れた日も同じなんですが、
やはり雨の日ほどしっかりする必要があると思います。
それと地面が濡れています。
地面が柔らかくなっているので、
少しでもクラブがダフッて入るとボールが前に飛びません。

ボールをクリーンに打つ技術と言うものが必要となってきます。

やはりいつもよりほんの少し短く持って、
ダブらない工夫というのする必要があります。

それと雨に濡れて芝も重たくなってきますので、
やはり雨の日はラフでもフェアウェイでもあまり打ちこもうとしないほうがいいと思います。

打ちこもうとすると芝が絡んで余計に重たくなります。

少しボールをクリーンに打つ意識と言うものは必要ではないでしょうか。ボールはやはり、
雨が降り空気も重たくなるので、
晴れた日よりは飛ばなくなります。

キャリーも、ランも少ないでしょう。
しかし、
上級者ほど、雨でボールが滑って、
スピンがかからずボールがドロップして飛んでしまうことがたまにあります。

気をつけてください。

それとドライバーなどは、
雨でボールが滑りやすくなり、
右にプッシュアウト、スライス等が出る場合がありますので、
これも気をつけましょう。

私は晴れ男なので^_^
あまり雨の日に当たりませんが、
雨の日もゴルフも楽しめるような心が余裕ができるといいですね。

関連記事

  1. 30ヤードのアプローチ

  2. ドライバーが打てない方の対処法について

  3. デシャンボーのアームロックパッティング

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。