ドライバーが飛ばない

ドライバーが飛ばなくて悩んでおられる方おられませんか。

ドライバーが飛ばない理由はいろいろあります。
スライスを打ってる方。
これなどはエネルギーがちゃんとボールに伝わっていないのです。
やはりストレート及びドローボールの方がボールは飛びます。
それにはエネルギーをちゃんとボールに伝える必要があります。

体を開かずフェイスを開かず軌道がインパクトゾーンの長いストレートもしくはやや右向きになることによってストレート、およびドローボールが打てます。 本当にいろんな理由が考えられます。

まず1つはやはり軌道が大事です。
先ほども書きましたがドローストレートが打てる軌道、
フェイスが開かないことなどエネルギーがちゃんとボールに伝わることが重要になってきます。
そのためにはバックスイングの軌道から気をつけなければなりません。
そしてダウンスイングがそのやや内側から入ってくることになり、インパクトでは体が開かないこと、 体が開いてしまってボールにエネルギーが伝われば、 左に飛びます。

そういうボールはOBの上から加速するようなボールになり、
フェアウェーセンターに飛んだボールは全く飛びません。
だからOBがどんどん増えることになります。

今はドライバーは、 6%下から入った方がスピン量が少なく飛ぶと言う考え方もあるようですが、 確かに スピン量はあまり多くてはいけませんが、 ドライバーだけ下から入っていると、 他のクラブとのつながりができません。

アイアン、アプローチ、パターはやはり下からすくって打つ事はできない、すくって打つことは良くないと思うので、 その考えは少しいかがなものかと感じております。

他にもドライバーの飛距離を伸ばす方法はありますが、
また今度お話ししましょう。

関連記事

  1. ユーティリティの基本

  2. ドライバーが当たらない

  3. 30ヤードのアプローチ

  4. アイアンがまっすぐ飛ばない方へ

  5. パターが苦手な方へ

  6. ドライバー打ち方の基本

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。