パターが苦手な方へ

パターが苦手と言う方も多いのではないでしょうか?

ドライバー、アイアンショットもいいのに、
パターが入らなくてスコアにならないと言う形の話も多く聞きます。

私もかつてはパターが苦手でした。

50センチのパターを外してどれだけスコアを悪くしたことがあるかと言う記憶があります。

入らない時は全く入りませんでした。

後藤先生に習いだして、
まず上手くなったのがパターです。

パターにはトレーニングは入りません。

ストレッチも入りません。

ショットではやはり、ある程度の力が入ったり、
体が柔らかくないとできない部分があります。

でもパターはそれが少ないのです。

そのかわりパターは感性、センスも必要ですが、

やはり、絶対正しい技術が必要となってきます。
後藤先生はかつて、
パター理論は一切、世に公表しませんでした。

ゴルフ全般そうですが、
やはりパターも技術で打つものです。

技術なくしてはバッティングは入りません。

若いうちの体の遊びがあるうちはやはりパターも入ったりしまが、
年齢を重ねて体が硬くなってからではまたは入らなくなってしまいます。

本当に正しい基本を習得して端を得意にし、
スコアをまとめるようにしましょう。

関連記事

  1. ドライバーが打てない方の対処法について

  2. 30ヤードのアプローチ

  3. アプローチの基本

  4. ドライバーが当たらない

  5. ドライバーが飛ばない

  6. クロスハンドグリップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。