永峰咲希選手について

永峰咲希選手、

2020年日本女子プロゴルフ選手権優勝おめでとうございます。永峰選手も、
やはり少し横に振る選手です。

体が硬くなってき、
筋肉の遊びがなくなればインパクトゾーンがなくなってくるかもしれません。

その点は改良すべきところですが、

永峰選手の良いところは、
フェースの動きです。

バックスイングのフェースの向き、ダウンスイングのフェイスの向き、フォローするのフェースの向きが非常にいい。

フェースの動きだけは、私たちが目指す後藤理論にすごく似ているところがあります。

これがもう少し縦に振れれば良いのですが。

ただ変に左サイドを外さず、左肘を外さず、左肩を外さず、
左に振っているんですがフェースが変えているんですが左に飛ばない。
筋肉は遊びが筋肉の遊びをさせることでしょうか。

ただフェースの動きがすごく今回は良かったので、
優勝につながったように見えます。

今後の活躍を期待したいものです。

関連記事

  1. クロスハンド

  2. 渋野日向子選手について

  3. 2020年アメリカ男子プレーオフ第2戦◇BMW選手権 最終日…

  4. デシャンボーのアームロックパッティング

  5. 石川遼選手について①

  6. 2020年日本女子プロゴルフ選手権を見て

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。