バックスイングの軌道がなおらない

バックスイングと言うものは、

ゴルフのスイングにおいて非常に重要なものになります。

バックスイングは申告です。

バックスイングによってボールをどこに打つか申告しているのです。

アドレスとバックスイングを見れば、

ゴルフスイングがわかっている人が見ると、

その人がどこにボールを打ちたがっているのか、

どういう球筋のボールを打とうとしているのかわかります。

逆にバックスイングを見てボールをどこに打とうとしているのかわからない人と言うのは、

あまりゴルフが上手くない人、

スコアの良くない人、

ボールが安定しない人、

あまり調子の良くない人だったりします。

それぐらいバックスイングは重要です。

クリップとアドレスとバックスイングを軽視する人はやはりゴルフが上手くならないと思います。

ボールに当たれば何でもいいやと言う考えではゴルフは上達しません。

基本をちゃんと覚えることが重要です。^_^!

このバックスイングの軌道と言うものがなかなか曲者で、

なかなかなおらないんです。

結構、それぞれ個人によって癖があります。

バックスイングと言うものは、

なかなか自分でどこに挙げているのかというのがわかりにくいものなんです。

私も正しくあげてると思っていたら、すごくインサイドに上がっていることなどは多々あります。やはり本当の基本を知った先生に見ていただくことが大変重要になると思います。

自分が思ったところになかなか上がっていないのがバックスイングだと思ってください。

また自分の癖がなかなか取れにくいのがバックスイングだと思ってください。

一度、私のところによかったらバックスイングの軌道をチェックしに来てみてください。

関連記事

  1. グリップについて

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。