ジャンボ尾崎プロ、中嶋常幸プロをスランプから大復活させた後藤修氏の理論を基に、愛知県一宮市、稲沢市でレッスンを行っています。

基本の考え

  • HOME »
  • 基本の考え

後藤修氏の理論の基本『新田理論』について

(『新田理論』の新田恭一氏は私が師事した後藤修氏の師匠です)

ゴルフダイジェスト社が2000年に発行した『ゴルフインタビュー』には、次のように述べられている。

「もし、新田さんの理論を日本のゴルフ界が謙虚に聞く耳を持っていたなら、日本のゴルフ技術の水準はかなりレベルアップしていたに違いない。
彼の技術理論はじつに生まれるのが100年早いと言われるほどの他の追随をゆるさない進んだ理論で、今日の日本、アメリカなど世界の最先端をいく技術論が追いつけないでいる。
この市井の理論家が、その慧眼のほどに正当な評価を得られなかったことは事実である」

『新田理論』は以下の通り(抜粋)

この理論は野球・ゴルフの両方から得られたもの。
人間の動きに違いはなく、バットを振る、球を投げる、クラブを振る。
それは皆、同じ要素から成り立っており、ただ目的や条件が違うだけのこと。

つまり人間の動きというのは3つしかない。
曲げる、伸ばす、ねじるの3つで、それ以外ない。
ただその3つの動きの順序、いわゆる体重移動を終結させる動き、たとえば野球でいえば球をはなす、ゴルフではクラブを振る、そこに至るまでの順序が重要。

ゴルフでも野球でも、下手な人は力の使い方の順序が違う。
手を先に使うから、その力が二の腕や肩に返ってくるために痛みが出る。
間違った投げ方をすると、前腕部はねじれる結果になり、そこが無理がいって痛む。

人間のからだは、自然の法則に合うように力を使えば絶対に痛まない。
軸が回転していって、軸に近いところから、次に肩が働いて、ひじが働いてという順序になると回転の力が素直に出ていく。

ピッチャーでも下手な人は、いちばん遅れてスタートしなければならないはずの、手先を先に使ってしまう。
手先の力が下半身からの力を受けていないから、つまり止まっている肩に、手先からと軸からの力が互いに拮抗するかたちで集まって骨折したり、肩を痛めたりする。
バックスイングは下からねじり上がっていき、ダウンスイングでは、下からねじり戻していく。だから足首からねじり始め、ひざがねじれて、腰がねじれて、肩がねじれ、手がねじれる。

ボクシングでもピッチャーでもゴルフでも、「人間のからだは同一の構造である」という発想から出発しなくてはならない。
センターがあって、左右がある。ゴルフの場合はバックスイングで右サイドから左腰と左肩が前へ出てまわる。それでダウンスイングでは左サイドを引くから右サイドがまわってくる。
スウィングというのは、回転運動とテコの力をうまく利用すること。

下手な人は、両手とヘッドをいっしょに押すように打つ。
そうではなくて、支点を決めてテコで打つ。
両手が先に動いてきて止まり、ヘッドがあとからついてくる。
おまけに軸が回転するのだから、振られるものも回転しなければならない。
だから飛距離のインサイドからインサイドへ抜けていく。
止まるということはバネになっているということで、それにテコと円運動が組み合わさっている。
下手な人は、右と左がいっしょにいくか、右が先にいく。そうするとテコを失ってしまう。

グリップの位置は飛球線に対して直角にかぶっていれば、斜めはいけないが、多少かぶろうが、浅かろうが構わない。
スタンスの幅はバリエーションがあってよい。構えは重要、セミ・シッティングというが、お尻を突き出して構えるかたち。
そう構えないとバックスイングでねじれない。その構えで下からの力を正確に伝えることが出来る。

参考文献
真説 日本野球史、大和球士、ベースボールマガジン社、1977年

PAGETOP
Copyright © 中尾ゴルフスクール All Rights Reserved.